【演技紹介No.9】チャップリンの音楽たち(2018-)

こんにちは、まるです.


ご無沙汰しております!!

かなり久しぶりの更新に
なってしまいました…

(日々の生活の潤いのためにも
スケート自体には相変わらず
浸かる日々を送っておりました)

今回は

  • ちょび髭&帽子&ステッキ
  • コミカルでドタバタ感のある動き


…といえば!


チャールズ・チャップリンの
楽曲とおすすめプログラム

を紹介します!

見ているだけで
楽しい気持ちになる
プログラムが多いので、
大好きな曲です!


多くの選手に使われてきた
音楽なので、以下の
3回に分けて紹介していきます♩


第1回 メドレー (2018〜)
第2回 メドレー (〜2017)
第3回 モダン・タイムズ&Smile

※ あくまで私の視点・感性を基準に
 紹介していますので、ご参考までに;)
 皆様それぞれの感じ方をお楽しみください

スポンサーリンク

チャールズ・チャップリンと作品の概要

サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン(Sir Charles Spencer “Charlie” Chaplin, KBE、1889年4月16日 – 1977年12月25日)は、イギリス出身の映画俳優、映画監督、脚本家、映画プロデューサー、作曲家である。 愛称は「チャーリー」。
映画の黎明期において、数々の傑作コメディ映画を作り上げ、「喜劇王」の異名をもつ。同年代に活躍したコメディアン、バスター・キートンやハロルド・ロイドと並び、「世界の三大喜劇王」と呼ばれる。チャップリンは、ハリウッドにおいて極めてマルチな才能を示した人物であり、徹底した完璧主義で知られていた。その作品は、笑いとユーモアの陰に鋭い社会諷刺、下町に生きる庶民の哀愁や怒り、涙までも描かれている。(中略)

チャップリンの最もよく知られている役柄は「小さな放浪者=The Little Tramp」である。窮屈な上着に、だぶだぶのズボンと大きすぎる靴(ドタ靴)、山高帽に竹のステッキといったいでたち。パーマ頭にチョビ髭の人物で、アヒルのように足を大きく広げてガニ股で歩く特徴をもつ。

ウィキペディア フリー百科事典より引用


あのチョビヒゲやガニ股が
印象的なチャップリン、
実は自身の映画の出演者
としてだけではなく、
監督にプロデュース、
脚本に作曲まで手がけていた
非常に多才な人物です。

フィギュアスケートとチャップリンの音楽

ここからは、私まるの
フィギュアスケート的な視点から
チャップリンの音楽を紹介します!

曲・音楽の解釈について

フィギュアスケートでは
チャップリンの数ある作品の
様々な曲が使用されています。

中でもよく使われるのは
吹奏楽のメドレー
The Reel Chaplin: A Symphonic Adventure (Part 1, Part 2)”、

作品としては

  • 『ライムライト(Limelight)』
    エターナリー (Eternally)
     テリーのテーマ とも。
  • 『モダン・タイムズ(Modern Times)』
    Je cherche après Titine
     (ティティナ)
    Smile
  • 『ザ・キッド(The Kid)』
    ・His Morning Promnade


などが挙げられます。

特にSmileに関しては
様々な歌手のカバー曲があり、
歌い手によって全く雰囲気の

違う曲になっています!

音楽の解釈 (IN)の解説はこちら /

振付・表現について

振付に関しては、
チャップリンで印象的な
ちょび髭や帽子、ステッキが
見えるような仕草
や、
特徴的なガニ股の歩き方
コミカルで不恰好な動作があると
”チャップリンらしさ”
がものすごく出ます。

表情や目線まで
作り込めると
雰囲気がかなり出ます!


また、曲によって音楽の雰囲気が
全然誓うので、
例えばスマイルではゆったりと優雅に、
ティティナではコミカルでリズミカルに、
とフレーズを意識して
動作を使い分けるのもポイントです。

パフォーマンス(PE)構成(CO)の解説はこちら /

スポンサーリンク

おすすめプログラム

それではおすすめプログラムを
紹介していきます!

ルール的な観点も織り交ぜて
紹介していきます!
演技構成点の解説は \こちら/

各演技は
選手名 (英語) 年度 SP(またはFS)
等でYoutubeで検索してみてください♩


※ あくまで私の視点・感性を基準に
 紹介していますので、ご参考までに;)
 皆様それぞれの感じ方をお楽しみください♩

スポンサーリンク

キーガン・メッシング 選手

Keegan Messing
2018-19シーズンFS
おすすめ演技
2019 4CC (四大陸選手権)


最初の鐘の音が鳴ってからの10秒間で
彼の演じる世界に引き込まれました。

目線に表情、
キャラクターが見える動作や
絶妙なタイミングの取り方、
見ているだけでとても楽しいです。

そしてやはりこのスケーティング!!
とにかくブレードの傾きがすごいです。
深い深いエッジに乗って、
一歩でものすごく加速します!

(思わず2度見するくらいです)

スピード・加速については こちら

ここまで深いエッジに乗ったまま
プログラムを滑り通している選手は、
トップ選手の中でもそういません。
バランス感覚もずば抜けてるかと…!


また、エッジのコントロールで
音を表現している場面も
散りばめられています。

フィギュアスケートの表現が
スケーティング技術の上に
成り立つものだと改めて感じますね。


特に印象に残ったのは

  • 冒頭の3Lz。
    解説者の ”Fabulous.”に完全に同意。
  • 全部ひっくるめて、見ていて
    とにかく楽しい!わくわくする!
  • 音楽に合わせた
    エッジ遊びの様な足元での表現

です!

ランス・ヴィポンドさん振付です。

佐藤洸彬 選手

Hiroaki Sato
2019-20シーズンSP
おすすめ演技
2019 Japanese Nationals
(全日本選手権)

体幹から指先に至るまで、
全身で音楽の特徴や雰囲気を
繊細に、丁寧に表現しています。


冒頭の音楽が柔らかい部分と、
中盤のコミカルな部分、
フレーズ毎の表現の違いが楽しいです。
音楽も細かい音まで
繊細に取っているのがとても伝わります。


また、振付も必見です!
特にステップシークエンスでは
表情、目線、細かい動き一つ一つまで
非常に綿密に作り込まれていますし、
音楽にもばっちり合っています


見た目にも楽しいこのステップ、
かなり体幹や足元に影響を与える動きが
組み込まれているので、
スケート技術的にも目を見張ります…
スケートと表現の技術が詰め込まれていますね。

特に印象に残ったのは

  • 全身の使い方がとても細やかで丁寧
  • 指先や首、細かい部分まで
    コントロールできる選手なので、
    動作が多彩
  • ステップに入る直前の
    ピボット〜ステップ
    何度でも見れます!

です!

佐藤操さんの振付です。
あっという間の2分40秒でした!

今後もコーチとしてのご活躍が楽しみです!

ミハイル・コリヤダ 選手

Mikhail Kolyada
20018-19シーズンEX
おすすめ演技
2019 EX “Charlie Chaplin”


とにかくパフォーマンスが最高です!
見ているだけで楽しい、
氷上のエンタメの世界げ広がります。


表情、視線、細かい動作や姿勢、
こうしたパフォーマンスの部分

非常に素晴らしいです。

お手玉やステッキを使った動きなど、
氷上でバランスを取るのと
全く関係のない動作もそこら中に
散りばめられています。
見た目の10倍くらい難しい…はずです。


また、このパフォーマンスは
高いスケーティング技術の上に
成り立っています。

ただ、もうあまりに自然に
音楽に溶け込みながら
滑りと演技を行なっているので、
技術関係なしにとにかく楽しめます!

終盤のアップライトスピンで
音楽を表現している部分も
印象的です!


コリヤダ選手は2019-20シーズンFSで
チャップリンメドレーを使用予定でしたが、
慢性副鼻腔炎の治療による休養で
おそらくお蔵入りになったため、
またの機会に見れることを
密かに期待しています!

この2019-20のFSを見たい方は
2019-2020 Mikhail Kolyada
FP Open Skates

で調べてみてください♩

正確で明確なエッジワークが
お手本のような
スケーティングです!
特に最後のステップの
両クラスター…美しや…

最後に

いかがでしたか?

どのチャップリンも
コミカルで見ているだけで
楽しい、元気な気持ちになれますね。

個人的には遊び要素を盛り込める
エキジビションで使ってほしい
音楽ランキング上位の音楽です!

同じ人物を表現しているからこそ、
演技から選手の個性やこだわりが
感じられますね〜。


次回は

チャップリンの音楽 第2弾!
〜2017年のチャップリンたち


を紹介予定です♩

こちらの プログラム使用曲集 には
フィギュアでよく使用される楽曲のリスト

を載せています!
各楽曲のおすすめプログラムを随時紹介予定です♩

コメント

タイトルとURLをコピーしました